ある日、俺は二回連続役満をあがった 嫁が出来た。

600: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/25 23:57:48
流れぶった切って悪いけど書いちゃったから書き込む 

俺と嫁は雀荘で出会った 
初めて入った雀荘でルール説明中にふと卓を見ると後に嫁となる若い女がフリー卓で打っていた 
雀荘の客というのはほとんどが男で、たまに女がいてもおばちゃんかおばあちゃんくらいのもの 
それぐらい雀荘において若い女の店員ではなく客というのは珍しい 
ルール説明終了後その女の卓に入ったが、そこからは特に何もなく普通の麻雀を打った 
同卓者に個人的な話を持ちかけるのはマナー違反だし、そもそもこの時点で女に対して個人的な興味はなかった 





その雀荘に通うようになった俺はたまに女と同卓するものの、特に何もなくただ麻雀をするだけで、知っていることはというとお互いの名字くらいだった 
ある日、俺は二回連続役満をあがった 
一回目はダントツトップの女を一気に引きずり下ろす国士無双直撃 
二回目は四暗刻ツモアガリで女を飛ばして終了 
そこでラス半だったのでちょっとドヤ顔で雀荘を出てその近くのバーで酒を飲んでいた 
食事も取り何杯か酒を飲んでカウンターで1人その日の奇跡の余韻に浸っていると、真隣に誰かが座った 
店は空いているのになんで隣に来るんだこいつはと見てみると、件の女だった


601: 600 2013/10/25 23:58:19
俺が雀荘の店員にバーの話をしているのを聞いたことがあり、俺を探して一か八かバーに入ってきたという 
女と話したのはやはり先刻の大逆転劇のこと あんな逆転のされ方は初めてでどうしても話がしたくなったそうだ 
ただ、聞かれてもたまたまとしか言いようがない。当たり前だ、竹書房の麻雀漫画でもあんな逆転劇はそうそうない 
頭に血が上っていた女も、俺があの状況を説明してやると冷静になった。 
冷静になったはいいものの、最初の一杯である生ビールを飲んだ女が、メニューを見ながら何か悩んでいた 
居酒屋でカクテルを飲んだことはあるものの、バーは初めてで何を飲んだらいいかわからないらしい 
俺はバーのことや酒のことを色々教えてやってついでに電話番号も交換した、その日はおごってやった。まあ、その金はその日雀荘で女から巻き上げた金なんだが 
その日から、俺と女は雀荘で会うと、そのあとにバーで落ち合うようになった。 
そこで話すのはいつも麻雀の戦術論か酒のレクチャーだった。 
そこから自然発生的に付き合い始めた俺達は1年くらい後に結婚。双方の親には雀荘で出会ったとは言えず、バーで出会ったことにした 
寿退職した嫁は専業主婦にはならず、現在も雀荘で店員やってます。 
仕事で麻雀を打つようになった嫁は雀力が急上昇、プロにならないかと誘われているらしい 
将来は二人以上子供を作って家族麻雀をするのが夢です
602: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/26 00:02:00
かっけーな


引用元: 【昔を】みんなの馴れ初めをおしえて【思い出して】 その8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です