台風一過の翌日、増水した川の中にある木につかまって泣き叫んでいる女の子を救助

446: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/16 21:00:28
台風になると思い出す嫁との出会い 

当時俺は16歳、嫁は8歳 
台風一過の翌日、俺は近所の川沿いの道を歩いて帰っていたら、女性の叫び声が聞こえたので声のする方に行った 
すると30過ぎぐらいの女性がなんか叫んでいて、その先には増水した川の中にある木につかまって泣き叫んでいる女の子が・・・ 
本来なら大人とかを呼ぶべきなのだが、頭が回っていない俺は「今助けてやる」とばかり川に入った、予想以上に深くて流れが速かったけどなんとか女の子のところまでたどり着いた 
しかしたどり着いたのは良いが、女の子を抱えて戻るなんてとても出来る状況では無かったので、とにかく女の子を落ち着かせて、木の枝の上に乗せることには成功、しばらくすると消防団の人がボートを出してきて2人とも無事に救助された 
その後、その女の子がよく家に訪ねてきたり、俺を見かけると飛びついてきたりして妹のような存在になった 


ずっと妹のような存在だったけど、彼女が中学生になったころあたりから喪男の俺を心配してか、私が彼女になってあげる発言が目立つようになった 
俺は子供の戯言だと相手にしなかったけど、彼女が高校生になってすぐに正式に告白された 
歳が違いすぎると断ったけど、彼女の母親の勧めもあって付き合うことになり、積極的過ぎる彼女に押し切られる形で、彼女が高校卒業後すぐに結婚した 
2人の子供にも恵まれて幸せな毎日だけど、「パパはママの永遠のヒーローなのよ」と子供にいいながら俺に抱きつくのは今ではちょっと恥ずかしい
448: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/16 21:05:39
>>446 
乙 
スーパーヒーローに美女は必須。 
大切にしよう。


449: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/16 21:06:02
>>446 
恥ずかしがるな、本当のヒーローなんだから。 
しかし8歳下は羨ますぃ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です